「おーい!飛鳥よ〜!

 

あんた、

 

なんでこの大会申し込んだー!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・という

 

もう一人のあたしの声が

 

頭の中を鳴り響き続けた8時間半!!笑

 

 

 

 

 

 

あたしは、

その日,

30kmウォーキングに参加していた。笑

 

ひやみかちなはウォーク

30km部門!!

(クリックしたらサイトに飛ぶよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなが家族や、

 

職場仲間らしき人たちと

 

お祭りみたいな雰囲気で楽しげに歩く中・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人で!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、

 

時間に余裕を持って会場近くに着いたにもかかわらず、

 

受付場所がわからないという

 

 

 

 

大ピンチ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタート時間は近づき、

 

なんだか楽しげな吹奏楽部の軽快な音楽が近くで聞こえるけれど、

 

 

 

受付場所が見つからない・・・

 

 

 

 

近づいているようで・・・

 

 

 

 

 

 

遠くなる!!

 

 

 

 

 

 

 

もしかして、

これ夢の中・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、

 

一人、

 

方向音痴的突っ込みしつつも

 

奥武山公園内を、

 

大会のハガキを握りしめ、

 

小学生みたいなリュック背負い、

 

歩き回る・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ、

 

ただ早朝ウォーキングしてる人?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20分間

公園内の広い敷地内を歩く!!汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したらば、

 

なんだか

 

楽しそうな

 

カウントダウンが

 

聞こえてくる

 

!!大汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっ!!

 

ここにまだ受付できてない

 

悲しきアラフォーおるけん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥武山公園の中心で一人叫ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

リュック背負い、

30代精一杯のダッシュ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・と、

そんな悲しき女の横を

スタートした250名近くの集団が

 

楽しそうに

あたいの横を通り過ぎる!!涙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんたたち!!大汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうにか受付終え、

 

大会スタッフたちに

 

「まだスタートした集団に間に合います!!

 

追いかけて!!」

 

と急かされ、

 

 

 

 

 

 

 

 

一人寂しきスタート!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手書きで

「30キロ

 

と書いたゼッケンつけ、

 

パジャマみたいな格好で大会に来てしまった

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必死に集団に近づこうとするも全く姿見えず!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焦りに焦りまくり

 

スタッフに

 

息ゼーゼー

 

 

 

 

「道どっちですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と聞くも、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状況で、

 

ある意味

 

一番聞きたく

 

なかった

 

返答いただく!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分も

よくわからなくて・・・。

焦」と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか

 

「30キロ」と書いたゼッケンつけ、

 

一人歩くって、

 

これ

 

新たな罰ゲーム?

 

と思いつつ、

 

 

30キロは距離ですよ!!

 

 

 

 

 

 

 

あたしの

妄想体重じゃないですよ

道行く皆さん!と

 

 

 

 

これまた一人頭の中で

喋りながら

 

 

 

 

 

 

 

 

30km

ウォーキングの

スタートを切った・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・次回へ続く

 

 

 

 

多分!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・というか、

 

読みたい人いるのか?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは読みたいが!!笑

 

悪霊おだまり! (たちばな新書―名著復刻シリーズ)

クリックするとAmazonに飛ぶよw