【初めての子育て。そして鬱状態〜今から3年前の話】

 

 

 私、頑張り教なんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

苦労すればする程、栄冠を得られると思ってます!

 

幸せになるためには絶大な努力が必要と思ってます!

 

そのようにして30ウン年生きてきたの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんながんばり教が子育てに突入すると・・・

 

「理想の子育て」目指しちゃうんです!!!

世間から見た「いいお母さん」やりたくなっちゃんです!

 

布おむつ
母乳
砂糖無し
テレビなし
ベビーマッサージ
絵本読み聞かせ
支援センター通い

 

・・・頑張っちゃったんです!!!

 

だって、

妊娠中から読んでいた教育者や有名な助産師さん

産婦人科医などなどの本から

上記項目が子育てに有用って書いてあったから。

 

偏差値主義世代は教科書に書いてあること

実行したら

子育ても成功するって思っちゃってたの。

 

 今思うと、

「子育てにおける成功」ってなんや?って感じだけど。

 

んで、柄にもなく、

世間でいう「いいお母さん」も目指しちゃったの。

 

私の中での「いいお母さん」とは

支援センター通いして

笑顔でベビーマッサージして

絵本読んで

歌歌ってあげて

経皮毒が心配だから布おむつ使って

市販のお菓子なんて食べません

・・・な、お母さん。

 

でも、

添い乳しながらスラムダンク読んだりして

流川君にきゅんきゅん❤️しちゃったりしてたけどね。笑

 

 

 

赤ちゃんが泣くから

自分のご飯もトイレも後回し。

子供第一優先することができている自分に安心してみたり、

支援センターでニコニコ子育てしているお母さんと

自分を比較して落ち込んでみたり。

 

赤ちゃんの扱いが上手な福ちゃん(旦那)と

赤ちゃんの扱いが下手な自分を比べてまた拗ねたり。

 

うまくいかないから、赤ちゃんを観察するのではなく、

子育て書を読んでみたり。

 

もちろん参考になるけれど、

子育て書のようにいかないことでまた悲しくなったり。

 

そんなして、自分の心や目の前にいる赤ちゃんに

向き合わず、

いつも答えを本に求め、

いつも周りのママと自分を比較し、

子育てをエンジョイするフリをしていたところ・・・

 

 

 

 

産後鬱状態に突入!!

 

 

 

 

 

 

 

 朝、起きるのが辛い。

 動悸がする。

 人と会うことがとても緊張する。

 運転が怖い。

 

・・・そして、そんな状態の自分を認めることもできないー!!!

 

 周りの人に

「助けて」「辛い」「子育てきつい」と

 言うことが「悪いこと」と思っていて

 「罪悪感」があって、

 でも、そんな自分を認められなくて。

 だって、みんな楽しそうに子育てしてるじゃん。

 

 そんな、産後鬱状態から

 「自分と向き合う」という作業を

 本格的に始めました。

 「育児は育自」とはよくいうものですね。

 本当にその通りや!

 

 子育てを通し、

 親との関係、自分の心の癖が沢山見えてきました。

 

 私は本来、

 人のお世話苦手で自分のペースで生きたい

 人間なんです。

 なのに、子供が生まれたからって

 急に、人のお世話頑張ってます、子供のペースで生きてます

 みたいな自分を演じちゃって

 おかしくなっちゃいました!笑

 

 

 

 

 

  そして、そのように頑張った第一子子育ての結果。

  3歳になったみーちゃん。

 

 

 

  めっちゃイヤイヤ期で

  めっちゃ反抗心あって

  めっちゃグズグズして

  

 

 

  ・・・子育て大成功やー!笑

 

 

子育てに大切な事。あたし、気づいたよ!

 

 母親が笑っていること!

 

 母親が楽しく生きていること!

 

 

 

  子育てに良いと言われているあれやこれ。

  もし、お母さんが楽しんでいるのならGOODだけれど、

  私のように、ただ良いと言われているからやってるだけで

  苦しいだけなら

  やめちまえー!!

 

  それよりも、

  紙おむつして楽でニコニコしていられるならOK!

  童謡歌っても楽しくないなら大好きな BOOWYを歌うでOK!

  

 

  母が楽しくしてたら

  子供も楽しくなる。

  

 

 

  〜子育て3年目の教訓〜

  小さいことは気にすんなっ!母よ、楽しく生きろ!

 

 

イケメン、お菓子、スピリチュアル大好きだ〜ひゃっほー❤️

細かいこと、大変な事、めんどくさいことは

旦那に任せた〜❤️