こんばんみ!

 

 

 

 

目尻のシワにリキッドファンデーションが

埋まりがちな

アラフォーこけしっす!

 

 

 

 

今日もシャレオツなブログに来てくれて

ありがとう!!

「魂を感じろ☆」目次はこちら

 

 

 

 

実は

読書が好きなこけし!

専門は・・・

自己啓発とスピリチュアルとほしのあきの写真集ね!

 

 

 

 

そんなこけしが

本日はまさかの書評に挑戦!笑

 

 

 

だって、

ホリエモンの本、熱いんだもん!!

 

 

 

 

 

だから、

「金色に魂を輝かそう(略してきんたま)仲間」

なみんなにも紹介したくなった!

 

 

 

よろちくび!!!

 

 

 

 

1.本との出会い

 

こけしはブログを始めたいと閃くも・・・

PC苦手!

飽きっぽい!

 

 

なので、

比嘉シーサーさんのブログ塾「ブログでウエイウエイ」 

参加しブログを始めた!

 

 

 

比嘉シーサーさんのブログで

ブログを成功させるために読んできた52冊のオススメ本

紹介されていた。

 

 

 

比嘉シーサーさんのような影響力のある

熱いブロガーにこけしもいつかなりたい!という

思いから速攻数冊購入!

 

 

 

堀江貴文さんの

「ゼロ〜なにもない自分に小さなイチを足していく」を

早速読むこととなった。

 

 

 

2.著者のこと

 

1972年福岡県生まれ。実業家。

元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。

東京大学在学中の23歳、インターネット関連会社の

有限会社オン・ザ・エッジ(後のライブドア)を起業。

2000年、東証マザーズ上場。2004年から5年にかけて、

近鉄バファローズやニッポン放送の買収、

衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で、

一気に時代の寵児となる。

既得権益者と徹底的に戦う姿が若者から支持を集め、

『稼ぐが勝ち』がベストセラーに。

しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され

懲役2年6ヶ月の実刑判決を下される。

2011年6月に収監され、長野刑務所にて服役。介護衛生係としての

仕事に励みつつ、メールマガジンなどで情報発信も続け、

獄中で40歳の誕生日を迎える。

2013年3月27日に仮釈放。

同年11月10日0時に刑期終了。

 

 

・・・誰もが知ってる堀江貴文さん。

プロフィールを改めて読んだら

本当凄すぎる!!汗

 

 

 

3.読む前の作品のイメージ

 

堀江貴文さんの本は「ゼロ」が初めて!

だから、読む前はマスコミでのホリエモンのイメージが先行していた。

「金の猛者」とか「天才」みたいな。

本の内容も過激な感じをイメージしていたこけし。

 

4.読んだ後の作品のイメージ

 

 

めっちゃ努力の人やんけ!

そして、思いっきり「自分」を生きている人!

 

 

 

 

5.印象的だった言葉たち

 

人が前に進もうとするとき、大きく3つの

ステップを踏むことになる。

①挑戦:リスクを選び、最初の一歩を踏み出す勇気

②努力:ゼロからイチへの地道な足し算

③成功:足し算の完了

このステップを着実に踏むことで、小さな成功体験が

得られる。

そして小さな成功体験を積み重ねていった先に、

成長がある。

挑戦と成功の間をつなぐ架け橋は、努力しかない。

成功したければ挑戦すること。

挑戦して、全力で走り抜けること。

 

 

・・・それでも、これといったアクションを起こさないのは

なぜか?

理由はひとつしかない。

最初っから「できっこない」とあきらめているからだ。

・・・

逆にいうと、「できっこない」という心のフタさえ

外してしまえば、

「やりたいこと」なんて湯水のように溢れ出てくるのだ。

・・・

物事を「できない理由」からかんがえるのか、

それとも「できる理由」から考えるのか。

それだけだ。

突き抜けられるかどうかは能力の差ではなく、

意識の差なのである。

 

 

 

 

こけしは今まで勝手に

「成功者は特別な人だけのもの」

「自分にはできない」

「だって、小さい子供もいるし、

近くに手伝ってくれる実家もないし・・・」など

「できない」理由探しだけは得意になっていた。

 

「できない理由探しコンテスト」とかあったら

沖縄市代表になれるんじゃないか?

 

 

 

本を読んで知ったが、

時代の寵児ホリエモンも本当に努力の人。

「自分」を信じ、

「今」を全力で生き、

「挑戦」と「努力」を超高速で

駆け抜けている人。

 

 

そして、ホリエモンが本の中で

経験者として強く訴えていた一節。

 

 

失敗して失うものなんて、たかが知れている。

なによりも危険なのは、失うことを

怖れるあまり、

一歩も前に踏み出せなくなることだ。

 

 

 

 

6.まとめ

 

一言でいうと、熱い本!

能動的に「自分を生きる」ということを

教えてくれる本。

 

 

今、自分の仕事の取り組み方に悩んでいる人。

なんだか悶々と過ごしている人。

やりたいことはあるけれど、できていない人。

自分を変えたいと思っている人。

 

 

ホリエモンの本、おすすめ!!

 

 

 

 

 

「このまま」でいいの?

「本来の自分」を生ききらなくていいの?

 

 

 

 

自分の人生を動かすことができるのは

あなただけ!!

 

 

 

 

・・・と自分で自分に訴えてみるこけしであった。

 

 

↑最近買ったTシャツ・・・。

みーちゃん(3歳)がめっちゃ怖がってる。笑