Feel Soul:おいしい日本のペストリーとデザート

Feel Soul:おいしい日本のペストリーとデザート

Feel Soulは、日本文化に関連するすべての究極のブログサイトです。食べ物から懇親会まで、日本は国の慣習や伝統の進歩に影響を与えた立派な歴史で知られています。 

近いうちに日本に行く予定があるなら、ここが必要な情報をすべて手に入れる場所です! 

から選ぶペストリーとデザート

食べ物は、ほとんどの観光客が国で探しているものの1つであり、すべての国が誇りに思っている有望な食べ物を持っています。メインディッシュからデザートまで、日本にはあなたの訪問をよりエキサイティングにするおいしい料理のリストがあります。 

日本料理は様々な料理で構成されており、欧米諸国ではますます有名になっています。お腹が膨らむような日本のペストリーやデザートを幅広く見つけ。

和菓子

ましょう旅行中に伝統的な日本を体験したいなら、クラシックなペストリーを試してみると、一日がもっと楽しくなります!和菓子は日本の伝統的なお菓子で、通常はお茶とペアになります。これは日本語版のデザートですが、ほとんどのデザートに比べて甘すぎません。

これらのペストリーを探すと、さまざまな材料と調理技術を使用して、さまざまな形と一貫性を見つけることができます。これらのペストリーの多くは他の国でも人気がありますが、日本でしか見られないものもあります。

また、和菓子はレストラン、寺院、カフェでよく出されます。いろいろなコンビニエンスストアやスーパーでも買えるので、持ち帰りたい人はこれらの店で購入できます。 

日本で最も人気のある和菓子を以下に示します。   

生菓子 

は、フルーツゼリーや甘くした味噌などの天然成分が含まれているため、「生菓子」を意味する日本の伝統的なデザートです。この料理を人々にアピールするのは、その美しいデザインと花や葉のような形からなるクールな色です。 

このデザートは、それが作られた同じ日に消費されなければならないので、通常、茶道の間に食べられます。 

生菓子の材料は、

  • あずき豆、、なめらかで甘いペースト
  • 卵黄、白豆、
  • キントン、栗ペーストの
  • 求肥、もち米生地
  • 寒天、葛粉ゼリーなど
  • です。

このデザートは、材​​料を1つのボウルに入れ、食品着色料を入れた後にすべてを混合することによって作成されます。クッキーカッターを使用して、生地を丸めて、希望の形にカットします。

大福

大福もちは、甘い赤または白の味噌の小片に柔らかい餅を巻き付けたものです。このデザートは伝統的に緑茶と一緒に出されます。準備の際、大福は片栗粉をまぶしてくっつかないようにします。 

このデザートに使用する材料は次のとおりです。中身

: 

  • 水2/3カップ 
  • 砂糖1/2 
  • カップ乾燥あんこ粉1/4カップ(または既製あんこ11/4カップ)
  • 片栗粉(片栗粉またはコーンスターチ、ダスティング用) )。

餅:

  • 白玉粉
  • 水2/3
  • 1カップ、カップ、砂糖1/4カップ。

だんご

だんごは、丸くて歯ごたえのある蒸し米粉団子です。 3〜4本の串焼きにスイートソースまたは味噌をのせて召し上がれます。この料理は伝統的に春と夏に食べられますが、今でも日本の店で一年中見つけることができます。 

だんごと餅は同じだと思う人もいるかもしれませんが、だんごは小麦粉で作られ、餅は蒸し穀物で作られているからではありません。

は通常、次のもので作られます

だんご。だんごの場合:

  • 上新粉米粉11/3
  • カップ白玉粉またはもちこ1/3カップ23/4
  • 砂糖大さじ
  • カップお湯。

ミタラシソースの場合:

  • 水2/3カップ
  • 砂糖1/2カップ
  • 醤油
  • 大さじ11/2カタクリココーンスターチ、または通常のコーンスターチに水大さじ11/2を混ぜたもの。

どらどら

焼き焼きは、2つのアメリカンスタイルのパンケーキを挟んだ日本の甘いパンケーキです。小豆、カスタード、栗、生クリームなど、さまざまな具材を詰めることができます。 

どら焼きは通常、少し苦い抹茶と組み合わせて、午後のおやつに最適です。 

どら焼きの材料は次のとおりです。

  • 大きな卵個
  • 2砂糖2/3カップ
  • 小さじ1/2ベーキングソーダ
  • 大さじ3水または牛乳
  • 1カップふるいにかけた万能小麦粉
  • 植物油、を揚げる
  • 3/4ポンドあんこ)。

たいたい

焼き焼きは、日本の露天商が販売する最も人気のあるスナックの1つです。カスタードやあんこなどの具材を詰めることができる、温かい魚の形をしたケーキです。 

また、たい焼きはこの料理のために特別に作られた魚の形をした鉄の型で調理されます。今川焼きを作るためのオリジナルの円形鉄型をベースにしています。

たい焼きは、クリーミーな外観が作りたてのフィリングとよく調和するため、暖かいときに食べるのが最適です。

たい焼きの材料は次のとおり

  • です。ケーキ粉
  • ベーキングソーダ
  • 1大卵
  • 全乳3/4カップ 
  • 大さじ11/4大さじ砂糖大さじ3
  • 小豆ペースト大さじ5、カスタード、ヌテッラまたはあらゆる種類の詰め物あなたが好きです
  • は中性風味の油大さじ1。

まんじゅんまんじゅう

は、通常、餡を詰めた小さな蒸し饅頭です。この料理は伝統的に丸いですが、今ではさまざまな形やサイズで見つけることができます。形や詰め物の種類がほぼ同じであるため、餅とよく比較されます。しかし、まんじゅうは小麦、米、またはケーキ用小麦粉の粘稠度に似た小麦粉でできており、餅はもち米でできています。 

詰め物に関しては、まんじゅうは小豆の詰め物がよく詰まっていますが、最近ではバニラ、チョコレート、クリームなどの詰め物が入ったデザートがあります。

ここでこの料理のために、以下の成分

  • :21/2カップ万能小麦粉
  • 粉末焼成4小さじ
  • 1/4カップ糖(グラニュー
  • )2/ 3-3 / 4カップ水
  • 3/4ポンドアンコ(又はkoshian、赤色を平滑化あんこ)。

あんみつ

あんみつは、餡、餃子、果物、黒糖シロップをのせた角砂糖の立方体で作られています。バニラアイスクリームのスクープが付いている場合は、クリームあんみつとも呼ばれます。このデザートは通常、春や夏などの暖かい季節に食べられます。 

あんみつの材料は次のとおりです。

かんてんゼリーの場合:

  • 1/2スティック寒天(または小さじ1の寒天寒天粉末で代用)12/3
  • カップの水
  • 1〜2杯の砂糖。

シロップの場合:

  • 1/4カップの水
  • 2/3カップの砂糖
  • オプション:大さじ1のレモンジュース。

):提供するため

  • お好みの果物(桃、オレンジスライス、ブドウ、サクランボ、キウイスライス、リンゴのスライス、イチゴスライス、および/またはみかん
  • )1/3カップあんこ(餡を。

おしるこ・ぜんざい

あずきは、餅や白玉だんごを使った日本で人気のデザートスープです。このスープは少し甘く、小豆の香りがします。歯ごたえのある餅と相まって、想像を絶する究極のデザートコンボになります。

この料理の材料は次のとおり

  • です。小豆1カップ
  • 水4カップ
  • コーシャソルトまたは海塩のピンチ
  • 砂糖3/4カップ
  • 小豆ペースト3.5オンス
  • 水1/2
  • カップキリモチ4個。

羊羹

羊羹は、砂糖と寒天をベースにした、柔らかくゼリーのようなおやつです。小豆、緑茶、黒砂糖など幅広いフレーバーがあります。このデザートはチューインガムの小さなパックのサイズで提供されますが、より大きなサイズでも利用できます。

このデザートの材料は次のとおりです。

  • スティック乾燥カンテン(寒天)1個、またはカンテン(ビーガンゼラチン)粉末小さじ2個カンテン(
  • 寒天)を浸すための水11/4
  • カップ水
  • 1カップブラウンシュガー
  • 3/4ポンド/ 1寒天1/2カップ(甘いあずき小豆ペースト)。

その他の人気の日本のデザート

最中

最中は、餡を詰めたウエハースシェルです。ウェーハはサクサクしていて乾燥しており、購入する店舗に応じてさまざまな形やサイズがあります。このデザートは伝統的にジャムでいっぱいですが、最近ではクリームチーズ、アイスクリーム、ホイップクリームを詰めたものがあります。 

練り切り季節に合わせたスイーツ

が人気のデザートです。このデザートの最も一般的な形は、春の季節にのみ見られる桜です。この料理を作るときは、甘くした白味噌ともち米粉を使います。 

赤福餅赤福

は三重県伊勢市でしか作られていません。固い餅の周りにあんこをのせた餡でできています。

ムシパン

このデザートは、さまざまなフレーバーの滑らかで軽い食感の蒸しパンで構成されています。小麦粉、砂糖、ベーキングパウダー、卵から作られています。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする